自己満足な写真世界

こんなの撮れました

播磨町人工島の巨大な糸巻き?

2007年9月21日撮影です。

播磨町の人工島で見かけた巨大な糸巻きのようなものです。東播磨港の赤灯台の近くにあります。(今もあるのかな?)

ケーブルを巻くものだと思うのですが、ケーブルは巻かれていないし周りにケーブルは見当たらないし、実際は何に使われるものなのかは分かりません。でも、とても気になったので写真に撮ってみました。離れたところからだとクレーンの一部のように見えたのですが、近づいてみたら全く別のものだったんですよね。

 工場地帯には普段見慣れないものがあって見てるだけでも楽しいですね。

f:id:miyaginz:20200927074937j:plain

 

f:id:miyaginz:20200927075033j:plain

 

 

 

 

  

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

夕暮れのボートパーク

2007年9月21日の撮影です。

明石市の明石海浜公園に隣接して二見ボートパークがあります。二見ボートパークは535隻収容できるようですが、見たところほぼ満隻のようでした。先日の明石海浜公園のプールと同様、東二見橋から撮影しています。

日中ではなく夕方だからこその水面の反射が印象的で、写真を撮りたくなりますよね。自分では良い写真を撮ったと思っているけど、実は良い写真を撮らされているのかもしれません。

f:id:miyaginz:20200926082512j:plain

 

f:id:miyaginz:20200926082557j:plain

 

f:id:miyaginz:20200926082643j:plain

 

 

 

 

2級小型船舶操縦士 学科試験問題集 2019-2020

2級小型船舶操縦士 学科試験問題集 2019-2020

  • 発売日: 2019/06/10
  • メディア: 単行本
 

 

 

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

誰もいないプール

2007年9月21日の撮影です。

明石市の東二見橋から明石海浜公園のプールを写しました。時期的にプールは終わっていましたが、橋の上から西の方角を向くと夕暮れの淡い明るさに水面が引き立って見えました。太陽の光線状態もあってか郷愁を誘う感じに撮れました。

たまたまタイミングよくこの場所に居たから撮れたのだと思います。またこれと同じに撮ろうと思っても難しいですね。だから、あっ!と思ったときはとりあえず撮影しておかないとまた後日にチャンスがあるとは限らないんですよね。

f:id:miyaginz:20200925081608j:plain

 

 

POOL

POOL

  • 発売日: 2005/12/01
  • メディア: ハードカバー
 

 

 

 

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

東播磨港赤灯台の辺りから製鉄所を撮る

2007年9月21日の撮影です。

東播磨港の赤灯台辺りから対岸の神戸製鋼所加古川製鉄所が見えます。

灯台突堤部分には釣りをする人が多いのでちょっと場違いな人になってしまうのですが、この方向からの撮影だと製鉄所が全体的に見えるので気に入っている場所です。 

高炉があるということは銑鋼一貫製鉄所であることを意味するようです。加古川製鉄所には3基の高炉があるのが分かります。そのうち稼働しているのは2基ということですが、真ん中と左側の高炉から煙が出ていることからこの2基が稼働していると思われます。加古川製鉄所は神戸製鋼所の鉄鋼生産の80%を担っているということから重要な拠点なんですね。

f:id:miyaginz:20200924110801j:plain

 

f:id:miyaginz:20200924110907j:plain

 

f:id:miyaginz:20200924124438j:plain

 

f:id:miyaginz:20200924110948j:plain

 

f:id:miyaginz:20200924125335j:plain

 

 

 

 

鋼鉄地帯 (日本の現場「製鉄篇」)

鋼鉄地帯 (日本の現場「製鉄篇」)

  • 作者:西澤 丞
  • 発売日: 2016/04/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

起重機船の大きさに驚いた

2007年9月21日の撮影です。

播磨町の人工島で写真を撮っていた時に巨大なクレーン船を見かけました。これは撮影するしかないと思ってレンズを向けるも全体を入れるのに苦労しました。その時使っていたレンズの広角側が27ミリ相当だったんですが、少し離れないと全体が入らないのです。その大きさを分かってもらえるでしょうか。

ちなみにこの船は「新寄隆」という寄神(よりがみ)建設の起重機船でした。吊能力3000トンと言われてもピンときませんが、日本国内では上から数えて五本の指に入るクラスです。

会社のホームページを見るとこの船の名前が無いので、今は所有されてないのでしょうか。

www.yorigami.co.jp

 

f:id:miyaginz:20200923080013j:plain

 

 

f:id:miyaginz:20200923080112j:plain

 

 

f:id:miyaginz:20200923080255j:plain

 

最後にGoogleマップの航空写真を見ると東播磨港の赤灯台のそばに起重機船が見えました。「新奇隆」は見れませんがほかの起重機船を見ることはできそうですね。 

 

海上の巨大クレーン これが起重機船だ

海上の巨大クレーン これが起重機船だ

  • 発売日: 2017/10/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

播磨町の人工島から播磨灘を写す

2007年9月21日の撮影です。

播磨町の人工島の南側から播磨灘を見ることができます。この日は雲が多いけど日差しがある天候で、風もそこそこあって波が立っていました。夕方で逆光だったので船や灯台をシルエット気味にしてみました。

海面の反射具合が面白くていつまでも見ていられそうでした。

f:id:miyaginz:20200922080218j:plain

 

 

f:id:miyaginz:20200922080315j:plain

 

 

f:id:miyaginz:20200922080409j:plain

 

 

 

 

 

 

 

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

化学工場のプラント

2007年9月21日撮影です。

加古川市にあるハリマ化成の工場にこんなのが建っていました。今はどうなってるのかGoogleマップストリートビューで確認すると見あたりません。遠くから見ても目立つものだったのに取り壊されてしまったのでしょうか?とりあえず会社のホームページを見ることにしました。

www.harima.co.jp

会社紹介の動画の冒頭から探していたものが出てました。これですよ、探していたのは。なんでストリートビューでは見えないんだろうと再びGoogleマップを見直してみると敷地の周りの松の木の間に小さく写っているのを見つけました。これじゃ簡単に見つけられないです。

それにしてもいかにも化学工場と分かる構造物ですね。国内唯一のトール油精留プラントだということですが、全く知りませんでした。それと、敷地の周りに松の木を植えているのは松やにを取り扱っているからなんですね。なんで松の木なんだろうと思っていましたが理由が分かりました。

f:id:miyaginz:20200921080253j:plain

 

 

f:id:miyaginz:20200921080403j:plain

 

f:id:miyaginz:20200921230639j:plain

 


 

 工場写真は世間的には夜に撮影されたものがもてはやされている感じがしますが、昼間の工場写真でも個人的には萌えますね。

 

 

夜の工場百景 ~ドローン空撮写真集~

夜の工場百景 ~ドローン空撮写真集~

  • 作者:小林 哲朗
  • 発売日: 2018/07/31
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

 

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン